制汗剤


制汗剤は、汗を吸収、抑制する働きがある製品です。
皮膚に直接つけることで毛細血管を収縮させ、発汗を抑制する働きがあります。
とくに塩化アルミニウム配合のものは汗を抑える効果がありますのでおすすめです。

塩化アルミニウム配合の制汗剤に関しては、病院などでも処方されるほど効果があります。
濃度によって効果の現れ方が違ってきます。
医師により症状に合わせて濃度を調整してもらいましょう。

使用量と使用頻度、使用部位によって、副作用として肌がかぶれたり、
痒くなったりすることもあります。
そういった場合は、しばらく使用を中止して様子を見るようにしましょう。
また、顔の皮膚は他の部位より敏感であるため、目立たない部位で試してから使用するか、
精製水で薄めるなどして使用してください。

制汗剤は一時的に汗を止めるものであり、使用を中止すればまた汗が出てくるようになります。

また、制汗剤の中にデオドラント剤という製品があります。
一般的にデオドラント剤は、サラサラ感を出したり、消臭、芳香効果が中心で、

このページの先頭へ