温熱性発汗


温熱性発汗は、正常な生理的汗で一般的に治療の必要はありません。

これは気温の上昇や運動などによる体温の上昇を防ぐために作用する体温調節のための汗です。
温熱性発汗は、生命維持に欠かせない大切な機能であり、生理現象です。
ただし、このときに出てくる汗の量が異常な場合は、多汗症の可能性があります。

汗腺は自律神経によりコントロールされ、その自律神経をコントロールしている脳の視床下部が
体温を約37℃に保つようにと指令を出しています。
体温がさらに上がりそうになると汗を分泌させて体温調節を行います。
逆にこの自律神経の働きが低下し、温熱性発汗が行われないと、
うつ熱状態になり、熱中症などに陥ってしまいます。
健康なのは体温がうまく調節されているからなのです。

温熱性発汗は気温の上昇、運動、また食事をしたときにも起こります。
特に熱いものや辛いもの、肉類を食べると体温が上昇し発汗が促されます。
食事中に発汗する人は食べた物がすぐにエネルギーとして燃えているため太りにくいと言われます。
温熱性発汗はとても大切な機能なので、
体全体から汗が出やすくなりますが、手のひらや足の裏は比較的発汗しません。

温熱性発汗は、誰にでも起こる発汗です。
多汗症であれば汗の量が増えることもありますが、それを気にしすぎるのは控えましょう。

このページの先頭へ